目次

  

老人ホームの種類を確認

老人ホームを選ぶ場合、まずは施設の種類を選択することが大事です。
希望する条件を整理しつつ、次のフローチャート等も参考にそれに合った施設の種類を考えましょう。

老人ホームを選ぶためのフローチャート

負担する費用を確認

予算の確認はまず抑えておきたいです。

現在の資産に、将来見込まれる収入を加え、それの合計と照らし合わせて無理なく払える費用の施設を選びましょう。

基本的な費用は、入居一時金などの初期費用や、月額利用料など。
さらに、介護保険の適用範囲と自己負担額、医療費や日用品といった実費負担や、有料サービスの内容などがかかります。
これらを負担するのに、無理なく支払える価格帯を考えていきましょう。

老人ホーム・介護施設の種類 費用の目安
初期費用 月額
公的 特別養護老人ホーム なし 5万~22万円
養護老人ホーム なし 0万~14万円
介護老人保健施設 なし 8万~20万円
介護医療院 なし 8万~20万円
ケアハウス(一般型) 0万~30万円 6万~30万円
ケアハウス(介護型) 数十万~一千万 6万~20万円
民間 介護付き有料老人ホーム 0~数千万円 15万~35万円
住宅型有料老人ホーム 0~数千万円 15万~35万円
健康型有料老人ホーム 数百円~数千万円 15万~35万円
サービス付十き高齢者向け住宅 0~数十万円 15万~30万円
グループホーム 0~数十万円 10万円~30万円
シニア向け分譲マンション 数千万~数億円 10万~30万円

サービス内容の確認

老人ホームは、施設によって提供するサービスや設備に違いがあります。心身の状態に応じたサービスが何なのか確認の上、希望するサービスが提供されているかどうかを確認しましょう。

例えば介護付き有料老人ホーム、グループホーム、特別養護老人ホームは、24時間介護を受けられます。一方、住宅型有料老人ホームは外部サービスを利用するため、施設によります。医療ケアへの対応は、施設による差が大きいです。
自立した人が対象の老人ホームの中には、要介護状態になると、退去を迫られる施設もあります。
このようなサービスの違いを確認し、希望にそった施設を選びましょう。

見学

老人ホームは、ホームページやパンフレットでの印象と、実際の施設の状況が異なるケースもあるため、見学・体験入居をすることが望ましいです。
また、短時間の見学をしても分からないこともあるため、具体的に入居を検討する段階では、体験入居をするのがおすすめです。

最近では、スマートフォンやパソコンで、オンライン見学のできる施設が増えていますので、そのようなものも活用していきましょう。

まずは、お気軽に
なんでもご相談ください
無料相談のご予約はこちらから

介護に関連する基礎知識

サービス一覧

まずは、お気軽になんでもご相談ください
無料相談の
ご予約はこちらから
お電話での受付時間:平日/土日11:00~20:00